非常用食料品
 先ほども千葉県で地震がありました。震災以来、余震なども多く、なかなか以前の日常とは異なっています。企業においても地震などの災害に備え、備蓄用の非常用食料品を購入する場合があります。食料は備蓄されていて、実際には食べられていないので、その購入時の費用が経費になるのか考えさせられます。大きな企業ともなると非常用食料品の量も多くなり、それに応じて金額も数千万円単位になる場合もあります。国税庁のHPに掲載されている非常用食料品の取扱いによると、備蓄することで、事業の用に供することになる等の理由から、備蓄時に経費に計上して良いとされています。
税理士 立川市
Comment:
2011/04/22 1:26 PM, maechan wrote:
非常食品の購入時損金算入は知りませんでした。
国税庁の説明理由に消火器の定期的な中味交換と同じ考えですというのには、本当?と頭をひねりますが、何かに使えそうです。
2011/04/25 10:08 AM, hinono wrote:
コメントありがとうございます。
震災後に災害に関係する法令等が、いろいろ取りあげられていますが、何かの役立てられればと私も考えております。
Add a comment:









Trackback:
http://blog.m-tax.net/trackback/1413289
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.