会社の解散手続き
 会社は、設立されて、新規に生まれることもあれば、解散して閉じられる場合もあります。新規設立時には、経営者は前向きな姿勢の為、設立に関する細かい官庁への手続きをちゃんと踏みますが、業績不振により経営破綻をきたし、事業を閉鎖せざるを得ない様なときには、そのまま放置してしまうという場合もあります。そのまま放置され、最後の登記日から12年を経過したものは、休眠会社と呼ばれます。休眠会社は、法務大臣からの「事業を廃止していない旨の届出を出してください。」という官報の公告に対し、反応を示さないと、解散したものとみなされます。
立つ鳥跡を濁さず。正式な手続きを踏めば、税金の還付などのメリットを受けられる場合もあります。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.m-tax.net/trackback/1413258
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.